人気記事
【公務員の資産運用】FXはやるべき?FXを勧める記事のリアルを明かす

 

こんにちは、ふくです。

今回は、以下のような悩みを解決します。

 

・公務員がFXをやる際の注意点は?
・FXで成功している人はいるのか?
・ぶっちゃけ儲かるのか?

 

この記事を読むことで、

 

・公務員のFX投資の現実
・FXで失敗しないために大切なこと

 

を理解でき、

あなたがFXで失敗しないためのヒントとなるかもしれません。

 

ぜひ最後までご覧ください。

  

 

公務員はFXをやるべき?儲かる?

 

近年、消費税の増税給与の減少などにより、公務員であっても将来に不安を感じ、お金のことに関心を持つ方が増えているように思います。

とはいえ、公務員といえば基本的に副業が制限されていて副収入を得ようとするならば投資!という感じですよね。

 

まあ、結論から言ってしまうと、投資という選択はアリなのですが

FXはちょっぴり厳しいでしょ〜!

と言いたいです。

 

ネット上なんかには

・FXで稼ぎました!
・自動売買ツールで不労所得!
・だからみなさんも口座開設してすぐに始めよう!

みたいな記事がたくさんあるんですが、ああいった記事に影響されてFXを始めても、うまくいく保証は全くありません。

なぜかというと、そういった記事を書く人自身がFXで稼いでいるわけではない

というケースが多々あるからです。

 

以下で詳しく解説します。

 

FXで本当に稼いでいる人は情報発信していない

ここでいうFXで本当に稼ぐというのは、ちょっとした小遣い稼ぎではなく、FXによって生計を立てられるくらいの収入を得ている人々としましょう。

 

FXを生業としている人(ここではプロトレーダーとしましょう)というのは、基本的には常に相場に張り付いていて、勝負の世界で生きています。

そこまでしないと勝てませんし、FXで収入を得ることは難しいからです。

ですので、ブログを書いて情報発信をしたり動画を撮ることに時間を投資する余裕は無いんですね。

 

では、FXを勧めている人はどう稼いでいるのか

ズバリ、ブログやSNSなどでFXを勧めている人というのは、勧めることで利益を得ることができるから勧めている訳なのです。

 

どういうことかというと、ズバリ広告収入目当てです。

 

FXについて書いているブログのほとんどは、記事を読んでいくと最終的にはFX取引所へのリンクが貼られていて、読者に口座開設を促すような構成となっています。

あの貼られているリンクからFX取引所のホームページに飛んで口座を開設する(※)と、数千円から2万円とかの紹介料がブログの運営者に支払われます

 

もし、そのブログから月に100人でも口座開設をしたとすれば、月に100万円とか200万円の収入になる訳です。

 

となるとFXを勧める記事というのは、より多くの人に口座開設をしてもらうために必然的にプラスの情報が多めになり、読者は正確な判断を出来無い可能性もありますね。

 

儲かるか儲からないかでいうと、FXは儲からない

 以上のことから分かるのはネット上でFXを勧めている人は、FXで稼いでもらうのが目的ではなく、あなたが口座に登録して取引をすることで自分の収益にすることを狙っているということです。

 

FXというのは軽い気持ちで始めても、あなたの副収入として成り立たせることは簡単ではありません。

そもそも、投資による資産運用というのは非常に地味なものでして、100万円投資しても年で数万円の配当とかで長期的な視点が必要なものです。

 

どちらかといえば、投機的要素が強い(ギャンブル)のがFXですね

 

確かに、レバレッジをかけてたくさん利益が出ることもありますが、長期的に見るとマイナスになってしまうのがギャンブルなどのマイナスサムゲームです。

どうか、甘い言葉に騙されないようにしてほしいです。

 

 

FXの現実を詳しく

と、ここまで書いてもネット上には、なんとかしてFXを始めさせようとする記事が沢山あります。

これらの記事は非常に作りも良く、読んだ人が始めてしまいたくなる仕掛けが施されています。

 

この章では、

 

社会人の投資としてFXを勧める記事の『うそ』

 

を明らかにしていきたいと思います

 

自動売買ツールを使えば常に張り付いている必要が無い?

近年はFXの自動売買ツールが流行っていますね。

自動売買ツールは、時間とか一定のチャートの動きがあった際に自動で取引を行ってくれる便利なものです。

 

自動売買ツールなら、常に為替を見てなくて良いしFXのデメリットが解消されるじゃん!

と思う方がいるかと思いますが、現実は簡単ではありません。

理由としては以下のようなものがあります。

 

自動売買ツールのデメリット

相場の暴落時に損失が大きくなる

自動売買ツールはレンジ相場(=一定の変動幅の中で上がったり下がったりを繰り返す時)にはきちんと働いてくれるのですが、大幅な変動があった場合には大損になることがあります。

大暴落などにより急変動があると、ロスカットが発動せず自分が預けている保証金よりはるかに大きな損失を受けてしまう追証(追加保証金)という仕組みもありますので、絶対安全では無いんですね。

細かい設定が必要

簡単な設定で動いてくれる!という宣伝もあるんですが、それだけでは勝ち続けることは出来ません。

FXの世界では絶対に勝てるということはありませんし、勝つ人がいれば負ける人がいる厳しい世界です。

自動売買ツールを使って勝つ人もいますが、そういった人というのは研究に研究を重ねて勝つための細かい設定をしており、なおかつ常に少しづつ設定を変えるなどして勝つための勉強に時間を費やしています。

これはもはや本業にするレベルですね笑

 

確かに常に張り付いていなくても取引はしてくれますが、長期的に勝つことを考えると全て自動に出来ませんし、大損をこいてしまう可能性があるんです。

 

少額からでも始められて、リスクが低い?

少額でも始められるのでリスクが低い!という記事もあります。

確かに少額でも出来ます。

ですが、現実的には少額で投資してもスズメの涙程度の利益しか出ません。おそらくFXを始めたい公務員の方というのは、それなりの稼ぎになることをイメージしているかもしれませんが、それなりの利益を出すにはあなたが数百〜数千万円の元本を持っていて、めちゃくちゃ安全に運用しても月に数万円程度でしょう。

 

FXのメリットとして、自分が持っている額以上の金額を動かせるレバレッジという仕組みがあります。

確かに、少額であっても大きな金額を動かせるという話は魅力がありますが、これって投資というより、投機(ギャンブル)といったほうが正しいです。

 

公務員とか会社員の方がそれなりの利益を上げるなら、

 

・レバレッジをかけてリスクをとって運用する(もはやギャンブル)
資金を十分に用意し、めちゃくちゃ研究して運用する

 

このようなことをしないといけません。

そんな簡単なものでは無いんですよ…

 

 

それでもFXをしたいなら投機としてやろう

FX公務員の副業みたいな感じでやることは全く現実的ではありません

どうしてもやりたいのであれば、初めからギャンブルだと割り切って始めるか、めちゃくちゃ勉強して公務員を辞めて専業トレーダーになるかという覚悟が必要です。

ネット上によくある「公務員ならFXがおすすめ!」みたいな記事に誘惑されて始めたところで上手くいく可能性はかなり低いと思われます。

 

ネット上では、どうしても嘘の情報が多いです。

一つの意見だけをみて流されるのではなく、良い意見・悪い意見の両方を見極めた上で判断できるようにしたいですね。

 

FXを勧める記事の多くはFXのアフィリエイト収入が目当てです。
どうしても、デメリットの記述が少ない傾向がありますので気をつけてください

 

 

公務員が副収入を得たいなら

公務員が安定した副収入を得るなら、FX以外の投資をしたほうが良いです。

 

FXは投資ではありますが、どちらかというと投機的な要素が強くなってしまう傾向がありますね。

一度始めてしまうと、仕事中であってもどうしても値動きが気になってしまったり、大金をつぎ込んで大損してしまったりと、マイナスな方向へ転んでしまう可能性が大いにあるでしょう。

 

何を始めるにしても共通して言えることは、自分でもしっかりと勉強してメリットデメリットを把握した上で行うことが重要だということです。

ぜひ、今回の記事を参考に今後の投資戦略について考えてもらえるとうれしいです。

 

おすすめの記事