人気記事
【2022年版】PhotoshopでEPS形式の選択項目がないときの対処法

Photoshopを使っていてeps形式で保存しようと思ったら、全然見当たらなくて困っている方も多いでしょう。

 

調べてみると、8bitじゃないとeps形式は対応していないからダメらしい。

なるほど、「イメージ」→「モード」で8bitに切り替えてみて、再度保存だ…!

 

……

……

 

…8bitでも出てこないじゃん!!!

 

安心してください。

決してあなたのフォトショが実は不良品だった!?みたいなわけではありません。

 

実は、2021年中のアップデートにより、eps形式は「別名を保存」からは選べなくなりました。

代わりに「コピーを保存」という項目からepsを選択できるようになっています。

 

 

EPS形式の選択肢を出す方法

「別名で保存」の下に「コピーを保存」という項目があります。

こちらをクリックしてください。

 

すると、保存形式を決めるウィンドウが出てきますが、フォーマットの項目の中にeps形式が!

 

あとは、いつも通り保存場所とファイル名を決めて保存すればOK。

 

Shun
お疲れ様でした!
おすすめの記事