人気記事
仕事が辛い・辞めたいと思った時に読んで!【辞める辞めないこの基準】

仕事が辛くて、心が休まるのはたまにある休日だけ…

あぁ!こんな状況早く抜け出したい!

と思い悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

 

今回は仕事を辞めたいと悩む人々に、

すぐ辞めた方が良いケース、はたまた早まらないほうが良いケースをお伝えします。

 

 

転職理由のランキングを見てみよう

あなたは今、どんな理由があって仕事を辞めたいと考えていますか?

仕事を辞めたいと思うのは貴方だけではありません。先に仕事を辞めていった大先輩方の退職理由を見てみましょう。

1位:給与や福利厚生が良くない
2位:職場の人間関係が良くない
3位:休日や残業時間などの待遇が良くない
4位:仕事内容にやりがいを感じない
5位:会社に安定性、将来性がない

マイナビ転職『本音と建て前は必須?退職理由ランキングと好印象な伝え方・例文』(2018/1/26)
全国の25〜25歳の会社員(正社員)を対象にインターネット調査

 
こちらの調査では、転職理由として「給与や福利厚生が良くない」が一位に輝いていますね。次いで「人間関係」「残業時間が多い」と続く感じです。
 
給与や福利厚生に不満を感じて、辞めてしまう人が多いようですね。
もちろん、それだけではなくて「給与も良くないし人間関係も良くない」といったように複数の要素が関係している可能性もあります。
 
皆さんはどのような理由で退職を考えていますか??

 

 

仕事を辞めて良い人

人間関係で追い詰められている人

ランキングでは2位ですが、仕事している上での悩みというのは実はこれが1位なんじゃないかと思います。

特に理不尽にきつく当たってくる上司に関する悩みは、一番多いのではないでしょうか。それ以外にも同僚とうまくいかないケースや、言うことを聞いてくれないなど反抗的な態度を取る後輩に悩まされる人もいるとか。

こういった場合、きっぱり辞めてしまって良いです。

なぜかと言うと、「他人を変えるのは難しい」からです。

職場で味方がいるなら良いですが、誰も助けてくれない状況なら抜け出しましょう。

 

うつ病気味の人

うつ病は病気です。

どんなに精神力が強い人でも、働く環境や人間関係で壊れてしまう可能性があります。

あなたが壊れてしまった時、会社は守ってくれますか?人生を保証してくれますか?

自分の人生は自分で守りましょう。人生は一度しか無いのです。

 

やりたいことが他にある人

自分に正直になろう

やりたいことがあったけど、親や周りの目があるので普通に就職した。

つまりは、自分の意思が負けてしまって別の道を選んだ場合ですね。

  

このようなケースは、心の奥底にずっとモヤモヤが残ります。

他にやりたいことがあったのなら、思い切って辞めましょう。

 

人間が死ぬ直前に悩むこと5つを記した本があります。

介護士として働いていた著者が、死期が近づいた患者さんの後悔を大きく5つにまとめています。それによると

①自分に正直な人生を生きればよかった
②働きすぎなければよかった
③思い切って自分の気持ちを伝えればよかった
④友人と連絡を取り続ければよかった
⑤幸せをあきらめなければよかった

死ぬ瞬間の5つの後悔』ブロニー・ウェア著、仁木めぐみ訳  新潮社

 
①の自分に正直な人生を生きればよかった
と後悔する方が多いそうですね。
 
こうしている間にも、人間は死に向かっています。
いつ死ぬかも分かりませんし、その時に後悔したくないですよね。
 
 

仕事を辞めないほうが良い人

逆に、仕事を辞めないほうが良い段階もあります。

 

仕事の量で悩んでいるだけの人

仕事の量が多くて大変!休む暇が無い!というケースなら、すぐに辞めるのは早計。

我慢しろっ という事ではなく

なんとか仕事量を減らせるように努力してみましょう。

・もっと効率化できないか工夫する
・思い切って仕事を断る

仕事を効率化するために工夫すると、もし辞めるとしても次の仕事で活きてきます。

逆に、それをせずに辞めてしまったらまた同じ事で苦しむ可能性があります。  

世の中はまだまだ「非効率」で溢れています。

あなたが今の職場で、非効率を効率化することが出来れば、その経験は次の職場で重宝されるでしょう。

 

思い切って仕事を断るというのも勇気がいりますが、

仕事が回らなくて評価を落とすよりは、

まずやれることをこなしたほうが良い時もあります。

 

まあ、どうせいつか辞めるなら試してみても良いでしょう。何事も経験です。

 

給与など待遇面で不満があるからという人

待遇面で不満があるから辞める!というネガティブな理由で辞めると、

また同じことの繰り返しになります。

 

「雇用してもらう」という立場である以上、なんの不満も無いパーフェクトな環境はあり得ません。

全ては、お上の意向次第です。

 

待遇面で不満があるなら、まずはスキルを身につけて副業で稼げるようにしましょう。

 

その仕事を始めてすぐに「向いてない」という人

せめてその仕事を利用して、何かを得てから辞めましょう。

もちろん、確かに向き不向きはありますので将来的には転職を考慮して良いです。

 

「電話営業は向いてない!」と思っても、繰り返すうちに初めよりは話せるようになります。

この「苦手だけど少し出来るようになった」という小さな経験を積み重ねると、あなた自身の財産になります。

 

もし、何年か後に突然「あ、youtuberやりたい」と思った時に電話営業で話せるようになった経験が活きるかもしれません。

(あの時、やっておけばよかったな〜)という後悔をしたことがある方は多いはず。

ゲームをする感覚で、楽しんでみましょう。

 

辞める前にやっておくと良いこと

仕事を辞める前にスキルを身につけておくと、いざという時に役に立ちます。

身につけておくと役立つスキルとしては、プログラミングや動画編集がオススメです。

私も、消防士を辞めるからプログラミングの勉強を始め、今では本業のほかにWEB制作でも収入を得ることが出来るようになりました。

 

 

これからプログラミングを学びたい!という方へ、オススメのプログラミングスクールを紹介しておりますので、こちらを参考ください。

※プログラミングスクールによって受講体系が違います。基本的には「マンツーマン」体制があるスクールが良いです。

今までプログラミングなんてやったこと無いし、いきなりスクールは不安だ!という方は

私、たこ閣下が初心者向けにプログラミングレッスンを行なっておりますので、興味があればお問い合わせください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

いますぐ辞めたい!と思っても、自分のことを客観的に見て考えてみると良いです。

追い詰められている時って、つい衝動的になりがちですが一旦冷静になりましょう。

  

まずは色々と分析してみることが、結果的に転職した後に活きてくるかもしれません。

たった一度の人生です。ちょっと仕事がうまくいかないからって、長い人生で見れば一瞬の出来事

今の状況を楽しむくらいの感覚でやってみると、意外とうまくいくかもしれません。

おすすめの記事